ウィリアムハーヴェイ

 こんにちは、ヘルサポの嶋田です。

 みなさん常識って覆るって知ってますか?どの世界、業界もそうですが、時代の流れとともに常識は変化していきます。今の日本人で常に着物を着て下駄を履いて出かける人は非常に少ないですよね。でも、100年前、200年前の日本では着物を着て下駄を履くのが当たり前でした。時代とともに常識って変化するのですね。今の常識は未来の非常識になるかもしれませんね。

 医学の世界では500年くらい前から物凄いスピードで常識が変化しています。特に近年はそのスピードがさらに加速しています。それより以前の時代は緩やかに医学が進歩していたのですが、500年ぐらい前から進歩のスピードはどんどん加速しています。科学技術の発達とともに医学が進歩して常識がどんどん変化しているのです。人間、人類が地球上に誕生してから数百万年といわれる歴史から考えると近年の医学、科学技術の発展スピードはありえないくらい早いものだと思います。ですので今日の常識は明日には非常識になっていても何の不思議もありません。そのきっかけのひとつが「血液循環」です。みなさん、小学校や中学校の理科や生物の時間で血液は循環しているって習いましたよね。動脈と静脈があって心臓を中心に酸素を運んでいるってやつです。じつはこの常識、1657年までは非常識だったんです。それより以前は血液が運んでいるのは生命エネルギー(精気)であるというのが常識でした。人間は肺から酸素を取り入れているのではなくて生命エネルギーを取り込んで血液は肝臓で作られていると考えられていました。そして血液そのものが栄養素というか生命エネルギーで血液は体に吸収されて消費されるものという考えが主流でした。それが常識だったんですね。その考えに反対したら宗教違反で死刑になっていた人もいたそうです。。。。なんとも生きにくい時代ですね。。。。。。。でも、まぁ、今の時代も少し考え方や言動が多数派でないと物凄いバッシングを浴びますから、そういう意味では今も昔も変わらないのかもしれませんね。

 話をもとにもどして、そんな血液に対する常識を覆したのがウィリアム・ハーヴェイでした。彼は動物実験などを重ねて心臓を中心とした血液循環を発見したのです。そして運よく時代の流れから宗教違反で裁かれることなくその意見が受け入れられ今の常識につながりました。

 医学・健康・スポーツ関連の仕事をしていると、たまに絶対的に自分の意見を主張したり正しいと思い込んでいる人に多々出会います。健康を維持するためにはこれやらないとダメだとか、スポーツを上達させるためには筋肉の使い方はこうしなけれダメだとか、ダイエットの方法はこれが正しいとか。。。。。。ご自分の知識や経験に絶対的な自信があるのでしょう。しかし人間はあらゆるバランスのもとで均衡を保って生きている以上、絶対はありえません。また今の常識がすぐに覆る可能性もあります。私自身は人にものを教える仕事に長年従事してきた関係上、医学・健康関連の書物を数えきれないほど読んで、自分で実践できるものは実践し、研究もしてきました。それでもまだ自分の知識に自信が持てません。それほど人間の機能は単純ではないということなんです。本当に人の体を理解している人ほど言い切ることができないのかもしれませんね。みなさんはどう思いますか。



 ヘルサポでは、スクールを開講しています。医学やスポーツ科学の基礎を教えてその応用方法を伝えています。健康増進法やダイエット法、身体の不調の原因等を基礎医学の観点から推察できるようになるためのスクールです。学生の皆様や既に現場で活躍されている先生などの個人の皆様、企業様や学校法人等の団体様、勉強の補助や研修等でヘルサポのスクールをご利用下さい。時間、内容等は柔軟に対応いたします。

 最近、多くのお問い合わせをいただいております。個人の方やトレーナー、エステシャン等の方など、どなたでも受講可能です。患者さんやお客さんに適応なこと言うの、もうやめませんか。


お問い合わせはメール、Instagram、Facebook等からお気軽のご連絡下さい。

メールアドレス:herusupuromooshonn@gmail.com



閲覧数:58回0件のコメント

最新記事

すべて表示