タンパク質って詳しく知ってますか?

皆さん、今は空前のプロテインブームです!トレーニングマニアから一般の方のダイエットにいたるまで、みんながプロテイン食品や飲料を片手にダイエットやトレーニングに励んでいます。

では質問です?プロテイン(タンパク質)ってなんですか?って言われた時皆さんはどう答えますか?様々は答えが返ってきそうですね。

答えは。。。。

なるべくわかりやすく答えます。まずプロテイン(タンパク質)とはギリシャ語でもっとも必要な物との意味があります。ようは身体にとって必要不可欠な物との意味です。プロテインのもとはアミノ酸(人間に必要なアミノ酸20種類程度と言われています。)という物質からできています。人間は20種類程度のアミノ酸から数万種類のプロテインをつくるのです。この20種類のうち11種類程度は食事で摂取した糖や脂質などから体内で作ることができるのですが、9種類程度は食べ物から直接手に入れるしか方法がないため必須アミノ酸と言われています。この必須アミノ酸をプロテイン食品や飲料として販売されているのです。

では、プロテインは身体でなにをしてるかというと、これが一言では言い表せないのです。プロテインは大きく、構造プロテインと機能プロテインに分かれます。構造プロテインは筋肉や皮膚、骨や軟骨など人間の形そのものを作ってくれるプロテインです。機能プロテインは抗体や筋肉の収縮、身体の中でおこる様々な化学反応を助けるプロテインのことをいいます。

プロテインとは、生き物そのものを維持(生命活動をする)するために細胞が作り出す生命維持装置のような物です。ですからプロテイン不足になると様々な不調をきたすのです。また、筋肉もプロテインでできていますから、プロテインを摂取すれば筋肉が大きくなると言われるようになったのです。ですがここまで説明したようにプロテインには様々な作用があることは忘れないで下さい。プロテイン=筋肉みたいに考えている人もいるようですが、それは間違っています。プロテインは筋肉を含めた生物そものものを維持する物質と理解して下さい。そしてバランスのよい食事をするとプロテイン不足に体内がなることはありません。過剰なトレーニングをして筋肉を大きくしたい人にはプロテイン食品は必要不可欠だと思いますが、目的とするボディ作り次第ではプロテイン食品は必ずしも必要不可欠なもとではないことも覚えておきましょう!

ヘルスプロモーションサポートでは、正しいボディメイク方法を提供しています。






閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示