ダイエットの正しい知識

こんにちは、ヘルサポの嶋田です。

 今、世の中には多くのダイエット法がありますね。このあたりの見解については過去にもブログや動画を上げていますので是非ご覧ください。


今回はダイエットに対する私の個人的見解を述べますね。


 基本的に脂肪は体内の貯蔵エネルギー源なので簡単な計算で肥満(太ること)を予防することができます。

  摂取するエネルギー量(食事量)と消費するエネルギー量(運動量+基礎代謝量)を引き算すればいいのです。


        【摂取エネルギー量−消費エネルギー量】


答えがマイナス(ー)になれば体重は減っていき体脂肪も減りますので肥満の予防やダイエットができます。しかし答えがプラスになれば体重が増えて体脂肪も増えます。

 ※基礎代謝量はヘルサポにて測定できますよ!(EMSトレーニングを実施する方は無料です!)


 しかし…運動しても痩せない、食事を制限しても痩せないという方もおられます。

そんな時、トレーナー「陰では食べている」「言っているほど運動していない」と疑ってしまうものです。


 じつは肥満(太る)の原因を突き止めることは難しく、個人差が大きいというのが私の見解です。

 

 理由は太る(肥満になる)メカニズムにあります。肥満には脂肪細胞そのもの数が増える過形成肥満脂肪細胞のサイズが大きくなる肥大性肥満があります。

 (数が増える=過形成)(サイズが大きくなる=肥大性)

 

 脂肪細胞の数は生後数年間と思春期に増えやすいといわれています。また一度増えた脂肪細胞はその数を減らすことは難しいといわれています。したがって過形成肥満が起きやすい幼少時期や思春期の状態(太っていたか)が重要です。この時期に太っていた方は脂肪細胞が多いので太りやすい体質の可能性があります。

 また、脂肪細胞はホルモンや酵素(ホルモン感受性リパーセなど)の影響も強くうけていますので、体内のホルモン環境がどのような状態(生まれつきの体質や内分泌系疾患を含めて)になっているのか、更に精神的状態(抑うつ)と肥満には有意な因果関係があるという研究データもあります。最近では腸内細菌の状態(肥満に対して)も重要といわれています。

 したがって肥満(太る)という現象は遺伝子的な体質や環境因子など様々な原因が複雑に作用して発生していると思われます。一つの原因だけを取り除いても簡単に解決しないことも考えられます。

 

 基本的には食事法と運動法で減量や体脂肪を減らすことは可能ですが、上手くいく人いかない人、またはそもそも暴食してもダイエットが必要ない人がいるのは個々によって様々な要因が複雑に絡み合っているためと思われます。

 内分泌(甲状腺や副腎皮質など)の疾患(病気)で肥満となる場合もありますので注意してください(症候性肥満)。



 幼少期や思春期(合わせて成長期)は痩せていたという人も多いとおもいますが、成長期は成長にために莫大なエネルギーが必要になります。また思春期は活動時間が長い方も多いため、ある程度過剰にエネルギーを摂取しても成長に必要なエネルギーに使われたり、夜更かしなどの長時間活動にエネルギーを使われている可能性があり、太りにくかったと思われます。それでも個人差があり過剰に食べ過ぎれば成長期でも太ります。



 従来は思春期は18歳から20歳ごろまでと言われていましたが、最近は24歳ごろまでを思春期とみなす傾向もあるようです。20代中ごろから30歳ぐらいまでは痩せていたという方も多いのではないでしょうか?

 その後、太るの体が成長に伴うエネルギーを必要としなくなってしまったかもしれませんね。成長期は体の細胞が増えますが、成長が終われば体の細胞は減り続けますから、太りたくなければ必要エネルギー量もそれに伴い減らさないといけません。


 ダイエットをご希望の方はヘルサポの無料相談を受けることもできますので、ぜひご活用ください。


https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000552077/




閲覧数:74回0件のコメント

最新記事

すべて表示