糖尿病にご注意を。。。

糖尿病患者数は日本国内で300万人以上いるそうです。予備軍を含めると1000万人を超えるといわれています。そんな糖尿病についてお話します。


運動が糖尿病に効果があると聞いたことはありますか?実際、軽度の糖尿病の方や糖尿病予備軍の方に医師が運動を推奨することはよくある話です。しかし、なぜ運動と糖尿病が関係するのでしょうか?それは運動のために使われる筋肉のエネルギーが関係しています。運動するためには、「糖」や「脂質」といったエネルギー源が必要なので、人間の場合は食後に摂取した糖を体中の細胞内に取り込んでエネルギーとして使用したり、蓄えようとします。その時に必要な物質(ホルモン)をインスリンといいます。インスリンが分泌されるとスムーズに糖を細胞内に取り込むことができるからです。このインスリンの作用に異変を起こすのが糖尿病(Ⅱ型糖尿病)といわれる病気です。原因として過食、肥満、運動不足などの生活習慣があげられることから生活習慣病ともいわれています。


運動の効果として運動中はインスリンの分泌が抑制されるといわれています(健常者の場合)。運動では大量なエネルギーが必要なためインスリンが分泌されなくても活動のために筋は糖や脂肪などさまざま栄養素からエネルギーを作りだす必要があるからです。また脳は糖のみしかエネルギーとして利用できないといわれています。そのため運動中にたくさんのインスリンが分泌されてしまうと脳のために必要な糖がすべて筋にいってしまう可能性があるためです。(※脳はエネルギー源である糖が絶たれるとすぐに脳細胞が死んでしまうといわれています。)


ほかにもインスリンは体内に様々な影響を与えているのですが、運動がインスリン分泌に対して影響を与えていることは事実なので、この影響力を利用して糖尿病の予防や治療に活かそうという考えが、医師にはあるのですね。(※糖尿病になると体内の脂肪代謝にも影響を及ぼすといわれています。運動は脂肪代謝を促進させるので、このことも運動がよいといわれる理由でしょう。)


皆さん、糖尿病にならないために、ヘルスプロモーションサポートで運動しませんか?


ヘルスプロモーションサポートでは生活習慣病予防のためのトレーニングメニューを組むことができます


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、ヘルスプロモーションサポート代表の嶋田です。 今回は私のお話をします。 私の詳細な経歴はホームページをご覧下さい! 今回はホームページに載っていない私の話をします。 私は静岡県で生まれて高校を卒業してからは宮城県と静岡県を拠点に活動しておりました。 さて私のプライベートな話ですが私は基本的にインドアとアウトドア両方とも適度に楽しみます。家にいる時はネットでアニメをみていることが多いです

こんにちは、ヘルサポの嶋田です。 突然ですが、私は、幼少期から太っていました。。。20代の時に少し痩せたけど30代では最大90キロまで太りました。 小学校の時はよく「デブ」と言われました。 でも。。。。。。僕はデブと言われて笑うことしかできませんでした。 悔しかったけど。。。。辛かったけど。。。。。。 そしてデブと言われ続けると「デブ=自分」になっていき、いつしかデブを受け入れる自分もいました。