自慢したくなる雑学

こんにちは、ヘルサポの嶋田です。

今回は、ちっと他人に自慢したくなる雑学を一つご紹介。

ぜひ、みんなに話して自慢してください(笑)。


 発汗(汗をかく)する動物って以外に少ないことをご存じでしょうか。

 ペットとして親しまれている犬や猫は汗腺が少なく体の一部のみにしか存在していないといわれています。実際、身体の冷却(体温を維持する)のために全身で汗をかく動物の代表は人間と馬といわれています。全身で汗をかく動物は意外にすくないようです。

 夏になると全身で汗をかき、服などがベタベタして気持ち悪いものですよね。しかし、この汗のおかげで長時間、活動しても体温調節が可能になるのですね。実際、汗腺の少ない動物は長距離移動能力や持久能力が高くありません。多くの動物が縄張りを確保して特定の範囲内で活動するのも持久力の関係があるのかもしれませんね。それに比べて人間は地球のほとんどの地域で活動しています。


 人間が食物連鎖の頂点に立てた理由の一つに「長距離移動能力」があります。大昔の人が命を懸けて大陸を横断するために長距離移動ができたのも発汗機能が優れていたためと考えられます(人間の体毛が少なくなったのも体温を上がりすぎないようにして持久力を向上させたためといわれています)。


 人間って、他の動物が持っていないとてつもない運動能力があったんですね。それが持久力(長距離移動能力)だったんですね。そして持久力に優れた動物って意外に少ないんですね。その理由が発汗能力に優れた動物が非常に少ないからということですね。


 人間の長距離移動能力は動物界でトップクラス!


 現代人はこの持久力が低下している人も少なくありません。これは非常に危険なことで、人間という動物の唯一といっていいほどの優れた能力が失われていることになるのです。これは種の存続の危機になる可能性があります。実際に持久力が低下している人は、高血圧や糖尿病、高コレステロール血症などの持病をお持ちの方も多いです。できればみなさん、散歩やランニングなどを行う習慣を身に着けることをお勧めいたします。


 みなさん、どうでしたか?少しは自慢したくなる雑学でしたか?




閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示