骨盤矯正について

こんにちは、ヘルサポの嶋田です。

 今回は骨盤矯正のお話。最近は産後骨盤矯正なんかも流行っていますね。当サロンでも骨盤矯正、骨盤調整という言葉を使うことがありますが、他店とは明らかに意味合いが違います。

 先ず、はっきりさせなければならないことですが、骨盤は歪みません。。。。。!これは明らかな事実です。私自身過去に何度も解剖実習で骨盤周りを実際に見て骨を触ってきましたが、献体でも骨盤の骨はしっかりしていて歪むことはありませんでした。

 もし本当に骨盤が歪んでしまったら骨盤の中に入っている臓器や神経、血管に大きな影響を及ぼします。また慢性的な鈍痛ではなく、もっとはっきりした激痛などがでるはずです。これは骨盤が本当に歪むときは靭帯が切れてしまったり、骨が折れてまったり、軟骨がちぎれてしまったりした時に初めて歪むからです。痛くて日常生活を送ることはできないです。


 一般的に正常な出産や日常生活で骨盤の骨が変形(歪む)することは絶対にありません。事故などの大けがや出産時に恥骨結合離開というケガをしてしまった時には歪むことが考えられます。しかしこれは激痛が伴い整骨院や接骨院、整体院でどうこうできるレベルのものではありません。


 ではどうして骨盤が歪んでいるといわれたり、自身が感じることがあるのか?それは運動不足や出産などの影響で骨盤周りがむくんでしまったり、筋肉の緊張が左右・前後がアンバランスになってしまって歪んで見えるだけのです。したがってマッサージなどでむくみをとったりストレッチをして筋の緊張を戻すだけでも十分に改善します。また産後に数ミリ程度は骨盤の関節が緩むことがありますが、数ミリですので骨盤バンドなどで固定するだけで十分です。数ミリでも歪むだろという方もおられるかもしれませんが、残念ながら肉眼で分かるほどの変化はありませんし、骨盤以外の関節も数ミリ単位の変化日常的に発生しています。産後に緩んだ関節も数か月で自然にもとにもどります。


 ヘルサポの骨盤矯正や調整はあくまでも、むくみや筋のアンバランスを整えるものであると理解してください。他店の骨盤矯正や産後骨盤矯正よりも的確で確実な効果が期待できます。

 またハンモックを利用することでより自然にもとの状態に戻すことができます。



閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示