魔の90分

こんにちはヘルサポの嶋田です。

 今日は、私が教員になって初めて授業した時のお話です。

 私が教員免許を取得して初めて教室で授業したのは25歳くらいの時でした。今でも初めて授業した時のことは忘れません。最悪でしたから。。。。。。。。。(笑)

当時の僕はプライドばかり高くて、でも中身は何もない人間でした。。。。。人の身体のことも今より全然理解していませんでした。今思えば、それでよく現場(整骨院)で仕事していたと思うほどです。学生時代はあまり勉強はしていませんでした。それで国家試験前に慌てて勉強というか知識の詰め込みだけ行い何とか合格しましたから、何もわからなくても当然ですね。でも当時は柔道整復師の国家資格取得者数は今より多くなかったのでレアな資格取得者ということもあり「俺は医療系国家資格取得者なんだ」という訳のわからないプライドが先行してしまい、何もわからないくせに分かっているように自分を偽っていました。そんな状態で教員免許を取得して授業をしなければならない状況に追い込まれました。また当時は接骨院での現場仕事もあったので今思えば授業準備時間もあまりとれなかったことや、新人の教員は通常、実際に授業を行う前にシミュレーションや模擬授業を先輩先生の前で行うのが通常ですが新設校ということもあり、それもなくいきなり本番を迎えることになりました。

 自分ではある程度準備はしてきたつもりでした。でも実際教壇に立つといきなり緊張してしまい、また授業中の学生の質問にも答えることができずに、ただただ自分でも何を言っているのかわからないことをしゃべり続けていたことを覚えています。また教科書の内容を勘違いして覚えていた事柄や、あまり理解していなかった事柄などが授業中に発覚してパニック状態にもなってしまいました。

 そうです!!!圧倒的な知識不足と教科書の内容を自分自身が理解不足だったのです。。。。。。。。自分ではこの程度で大丈夫だろうと甘く見すぎていたのです。しかもその状況を90分間乗り越えなければならなかったのです。私のいた学校は1コマ90分でした。こんなに長い90分はほんとに人生初でした。。。。。。。アニメを見たり、友達を遊んでいるときなんかは90分なんてあっという間なのに時間が流れるのが遅い。。。。。。。遅すぎる。。。。。。。学生の目線がもとても怖かったのを今でも覚えています。「こいつ何言ってるのかわからない。。。。。」そんな心の声が学生の表情から感じとれました。。。。。。。。。。「怖い。。。。。。。。。。」私は初めて人生に恐怖しました。。。。。。(笑)でもこれは現実です。しかも逃げ場所はどこにもありません。。。。。。。。。訳の分からない汗が全身からでました。それ以来私は緊張すると汗が止まらない体質になりました。。。。。(笑)そして、おそらくは学生にとっても長くて無駄な90分が過ぎ去りました。。。。。。最初の私の計画では授業終了後は学生達と仲良く談笑なんかできればいいなぁ。。。なんて思っていましたが、それどころではありません。学生の目線が怖くて、すぐに逃げるように教室を後にしました。そして噂はすぐに広まりました。。。。。「嶋田はなにしゃべっているかわからない」「あいつの授業は無駄」。。。。。。。。。。。それ以来、自信消失です。すべてのプライドが打ちのめされました。。。。。。。。。そして問題は授業は1教科につき年間で40回やらなければならないことです。。。。。。。。新任当時、確か3教科ほどもっていたので合計120回しかも当時は昼夜合わせて同学年4クラスあったので同じ授業は4回やらなければならず合計で480回授業をしなければならないのです。。。。。。。。。。。。。。。。。生きていく自信を失いました。。。。。。。。。。。。完全に逃げ場所を失ったのです。。。。。これほど後悔したことはありません。自分自身の知識の無さに。。。。。。。。いかに現場でいい加減なことを言って患者さんに嘘をついてきたのか、はっきりとわかりました。。。。。。自分は知ってるつもりになっていたのだと。。。。。。。。。。。自分は無力であると。。。。。。。。また職員室での他の先生方や事務員の目線もとても気になりました。。。。。。。。。。。


 しかたがない。。。。。。。。。。❕❕ 最初から❕基礎から❕勉強をし直すしかない❕でも時間がない。。。。。。。。そこで私が考えた方法は寝ないで勉強する❕でした。。。。(笑)

 教員になってから3年間くらいはカバンの中は常に医学書数冊が入っており重量で7、8キロくらいのカバンを常に持ち歩いていました。本当ですよ(笑)気になることはすぐにその場で調べて、夜は寝ないで教科書とにらめっこをして、ひたすら教科書を読みこんでいたことを今でも覚えています。そして勉強すればするほど、調べれば調べるほど、人の身体の難しさを理解していきました。そしてどんなに時間をかけて授業準備をしても常に恐怖心があり、授業中に自分が調べきれていない質問があったらどうしようと、おどおどしていました。しかしそんな生活を続けているといつしか、学生の質問が幼稚なものに聞こえてきたのです。「えっこんな質問????」みたいな感じになり「こんなの簡単じゃん」ってなってきたのです!そうです、いつの間にか自分のレベルがある程度上がっていたのです。それから少しづつ自信がついてきて今に至るようになりました。でも今でもわからないことの方が多いと感じていますが。。。。。。。。(笑)

 今日はそんな昔話でした(笑)特別な落ちもありません(笑)。


ユーチューブ始めたので動画みてください!!!

https://youtu.be/bP77QHbAGZk




ヘルサポでは、スクールを開講しています。医学やスポーツ科学の基礎を教えてその応用方法を伝えています。健康増進法やダイエット法、身体の不調の原因等を基礎医学の観点から推察できるようになるためのスクールです。学生の皆様や既に現場で活躍されている先生などの個人の皆様、企業様や学校法人等の団体様、勉強の補助や研修等でヘルサポのスクールをご利用下さい。時間、内容等は柔軟に対応いたします。

 最近、多くのお問い合わせをいただいております。個人の方やトレーナー、エステシャン等の方など、どなたでも受講可能です。患者さんやお客さんに適応なこと言うの、もうやめませんか。


お問い合わせはメール、Instagram、Facebook等からお気軽のご連絡下さい。

メールアドレス:herusupuromooshonn@gmail.com

 










閲覧数:155回0件のコメント

最新記事

すべて表示