コロナ禍

こんにちはヘルサポの嶋田です。

今、世界はコロナ禍でとても大変ですが、実はもっと大変なことが皆さんのお身体に起きているかもしれません。。。。それは生活習慣病です。


・糖尿病…328万9000人 ・高血圧症…993万7000人 ・脂質異常症…220万5000人 ・心疾患(高血圧を除く)…173万2000人 ・悪性新生物(がん等)…178万2000人 ・脳血管疾患…111万5000人 ・慢性腎臓病…39万3000人


こんなに多くの日本人が現在入院または通院しています。これは予備軍(病気になる可能性が非常に高い方)の数は除いております。。。。。予備軍を入れればこの数は数倍になると言われています。※2017年度の集計


どの疾患も最悪の場合は命が奪われる大変危険な疾患です。


 たとえ人類がコロナに打ち勝ったとしてもそれで一安心とはいきません。。。。。みなさんはコロナのようなウイルスではなく、生活習慣そのものに健康を奪われるかもしれません。。。。冗談ではなく。。。本当に。。。。。

 よく、高血圧や高コレステロール血症などを笑いのネタのように話されている方がおられますが、ある意味コロナよりも恐ろしいかもしれないことをご理解ください。突然、重度の障害を患ったり、命が奪われることがありますから。。。。。。


ではどうすればいいのか。。。。話は簡単で食生活と運動習慣を見直すことが一番の予防法となります。


 食事や運動について、ただ食べる量を減らして、運動をすればよいのではなく、栄養の摂取状況や運動方法をしっかりと健康的なものにコントロールする必要があるのです。ある程度の専門的な知識が必要ということですね。私の経験上での話ですが、この専門的な知識を有していないトレーナーや柔道整復師、鍼灸師、整体師などは実際かなり多いと感じています。知識がない方でも医学用語や流行りの言葉を使ってそれなりの話をしているように見せかけていたり、話の本質がずれていたり、誰かが言ったことをそのまま知ったようにお話されている方が非常に多いと私は感じています。いつも同じようなことしか言っていなかったり、セミナーや講習会等で言われたことをそのまま信じ込んで正しいと勘違いされている方に私自身はたくさん出会ってきました。そのようないい加減な方がいる整骨院や整体院、鍼灸院、スポーツジムに通われている利用者は非常にかわいそうとしか言いようがありません。健康になっているようで実は不健康になっている可能性が否定できないからです。

 生活習慣病は正しい知識で食事を見直し、適切な頻度と強度の運動を行えば、ある程度の予防が可能です。しかし食事方法や運動方法が間違うと逆効果になることがあるのもまた事実です。

 みなさん、健康は自分で獲得、維持するものです!そのサポートをヘルサポことヘルスプロモーションサポートで行っています!!ぜひ、健康作りにご利用ください!!!!

ヘルサポの健康サポートはとっても安心で的確です!!!!!




ヘルサポでは、スクールを開講しています。医学やスポーツ科学の基礎を教えてその応用方法を伝えています。健康増進法やダイエット法、身体の不調の原因等を基礎医学の観点から推察できるようになるためのスクールです。学生の皆様や既に現場で活躍されている先生などの個人の皆様、企業様や学校法人等の団体様、勉強の補助や研修等でヘルプロのスクールをご利用下さい。時間、内容等は柔軟に対応いたします。

最近、多くのお問い合わせをいただいております。個人の方やトレーナー、エステシャン等の方、どなたでも受講可能です。もう、患者さんやお客さんに適応なこと言うのもうやめませんか。


お問い合わせはメール、Instagram、Facebook等からお気軽のご連絡下さい。

メールアドレス:herusupuromooshonn@gmail.com






閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、ヘルスプロモーションサポート代表の嶋田です。 今回は私のお話をします。 私の詳細な経歴はホームページをご覧下さい! 今回はホームページに載っていない私の話をします。 私は静岡県で生まれて高校を卒業してからは宮城県と静岡県を拠点に活動しておりました。 さて私のプライベートな話ですが私は基本的にインドアとアウトドア両方とも適度に楽しみます。家にいる時はネットでアニメをみていることが多いです

こんにちは、ヘルサポの嶋田です。 突然ですが、私は、幼少期から太っていました。。。20代の時に少し痩せたけど30代では最大90キロまで太りました。 小学校の時はよく「デブ」と言われました。 でも。。。。。。僕はデブと言われて笑うことしかできませんでした。 悔しかったけど。。。。辛かったけど。。。。。。 そしてデブと言われ続けると「デブ=自分」になっていき、いつしかデブを受け入れる自分もいました。